ED治療薬と勃起不全の関係

男性は性的興奮をすると性器が反応し、大きくなります。
これは勃起と言うものです。
そもそも何故勃起をするのか。
調べてみると勃起は性的興奮をすると陰茎を通う血液が増えることで太く硬くなります。
これは人間だけでなく生物全般に起こる現象でまれに尿が溜まった時などにも起こりうる現象とも言われています。
正常の男性であれば性的興奮をした際に勃起するのですが、性機能障害いわゆる勃起不全の方は反応しません。
また性交渉中に勃起した状態を維持出来ない症状(中折れ)も同じ部類に入ると言われています。
性機能障害の理由として挙げられるのは加齢、ストレスや不規則な生活、偏った栄養バランスの食生活などです。
中でもやはり高齢の方の性機能障害が多いと言われてます。
ですが、老いても性欲のある男性が多いことも実証済みとも言われてます。
そういった性機能に対して悩みを持つ方に様々な治療法があります。
食事や運動の改善、そしてスローセックスなどのいつもとは違ったセックスをすることで克服できる場合もあります。
また一番友好的な治療としては治療薬で克服する方も増えています。
今世には様々な治療薬が出回っていますが、そのほとんどが身体の血流を良くし、性器により血液が集まりやすくする効果があります。
ED治療薬は勃起をサポートする為の薬で正式にはPDE5阻害薬と言われています。
わかりやすく説明すると海綿体内にあるサイクリック濃度を上げ、血行を良くすることで勃起をサポートします。
そして高齢の方でも安心して服用出来るよう心臓への負担も軽く、中毒作用が出ることもなく薬が効いている間も性的な刺激がなければ性器が反応することはありません。
実際に悩みを抱える男性が治療薬を服用して効果が出る方が殆どです。
ただ重度の疾患などを抱える方に関しては服用する際には色々と注意点があるのも覚えておくべきです。
今現在日本で認可されている治療薬ですが、バイアグラ、シアリス、レビトラの三種類となっております。
この三つは世界的にも有名な治療薬でどれも効果は高く性に悩みを抱える男性にはとても人気のある薬品となっており、その人気は今も上昇し続けていると言われています。