バイアグラのジェネリックについて

ED治療薬と聞いてバイアグラを思い浮かべる方がほとんどだと思います。
バイアグラは1990年代末期から2000年代において世界的に大ヒットした勃起不全の治療薬です。
今でもその人気は衰えずEDや勃起不全に悩む男性にとっては心強い味方となっています。
が、現在バイアグラ人気の後を追うようにジェネリック医薬品も人気の火がつき使用される方も増えています。
そもそもジェネリック医薬品とは一体何なのか。
ジェネリック医薬品は後発医薬品と言われています。
簡単に説明すると先発医薬品の特許が切れた後に販売される新薬と同じ成分、効力の医薬品です。
新薬であれば開発までに10~15年ほどの期間と莫大な費用を必要とするわけですが、ジェネリック医薬品は新薬に比べ短い期間での開発が出来ます。
そういった理由からジェネリック医薬品は開発コストを削減できる分、低価格で買うことが出来る為、使用する方が増えています。
ここで数多く開発、販売されているジェネリック医薬品からいくつか紹介したいと思います。
バイアグラジェネリック医薬品として有名なのがカマグラゴールドになります。
アジャンタファーマ社が製造、販売している勃起不全のED治療薬になります。
バイアグラに含まれるシルデナフィル成分配合のため、その効果はバイアグラとほぼ一緒であることが実証されています。
価格においても半分以下の値段で買えることからバイアグラジェネリック医薬品として一番認知度が高いと言われています。
そして男性用だけでなく女性用に開発されたバイアグラジェネリック医薬品も存在しています。
ラブグラと言う医薬品でこちらもカマグラゴールドと一緒のアジャンタファーマ社が製造、販売している医薬品です。
女性用に開発されたウーメラと言うバイアグラのジェネリック医薬品でその効果としては男性のバイアグラ同様にクリトリスなどへの血流を良くすることで不感症やオーガズムを感じやすい体質へと改善します。
ジェネリック医薬品と言うことで安心して使用出来るのかと言う点で心配に思う方も多くいらっしゃると思いますが、製造、販売に関しては先発薬と同一の効能で尚且つ安全であると国の認定が必要となるために安全性においては全く問題はございません。

このほかにもジェネリック医薬品は数多くあるのですが、このほとんどが現在、海外医薬品の通販サイト経由で購入することが出来、その便利性は新薬よりもはるかに上をいくものとなっています。